ここにも影響が大きくなっている所もあるらしいが

夏の甲子園を目指す地方大会も終盤となってきまして北北海道代表が代表一番乗りを果たして昨日は一気に全国で10カ所が代表が決まったがこの猛暑の影響で熱中症になった生徒さんも多くいたらしい。

特にスタンドで応援をしていた高校生達が炎天下の中で応援をしていまして特に吹奏楽部の生徒もこうした中で倒れた人もいたが楽器も重たいのでこうした事が起きたと言う事で取りやめた所もあった。

試合中の選手や審判などこれも大変となっているがその影響となった事で試合時間を変更する所が多くなったと言うが特に決勝戦は午後よりか午前中で済ませている所もあったので便利だと思っている。

まだ地方大会を行っている所でも試合時間を早めている所もあるので涼しい内に進ませようとしているので効果的な方法を求めているかも知れない。

京都大会ではナイトゲームにした事で猛暑で行う試合は避けられたが延長戦も入った事で終わったのが午後10時半だったそうでこれも課題に残る事にはなるがこうした事が避けられたかも知れなかったと言う事になる。

来月に行われる甲子園大会でもこの様な炎天下で試合や観戦している人もいるので対策も必要のなって来ましたが中には取りやめた方がいいのではと思う人もいるので賛否両論となったがいろんな対策も既に行っている。

特に大会前の練習が今回は取りやめるになったがその代わり見学はする事でぶっつけ本番となる事で防止策はしていると言う事になる。

地方大会も決勝戦まで来ているのでこれから暑い中で試合は続くのでたいへんたと思うのです。https://www.koushien.jp/acom_ac.html